Quanta-Ray Pro

卓越したパフォーマンス、信頼性をと品質

  • 繰り返し周波数1-50 Hz,2.5J/パルスを超えるエネルギー
  • 金メッキ楕円励起チャンバー
  • 内部シールドビームパス
  • スペクトラ·フィジックスの最先端コーティング技術による高ダメージ閾値光学系

Spectra-Physics Quanta-Ray高パルスエネルギーNd:YAGレーザーは、その卓越した性能、信頼性、および品質で世界的に認められています。 デュアルロッド共振器チャンバー、金メッキ楕円励起チャンバー、内部シールドビームパス、スペクトラ·フィジックスの最先端コーティング技術による高ダメージ閾値光学系などの先駆的なテクノロジーを組み合わせ、業界で最高のビーム品質と最高のエネルギーを生み出します。

Quanta-Rayレーザーの心臓部は、その独自の励起チャンバーです。 チャンバーは、ランプ光をNd:YAGロッドに集光するために楕円形の金コーティングされたリフレクターを採用することにより、効率とビームモード品質の完璧なバランスを実現しています。 金コーティングの表面は、UV波長を減衰させながら、ポンプ波長での高い反射率を実現します。 独自の拡散技術により、Nd:YAGロッドの均一な励起を保証しています。

 

Quanta-Rayレーザーは、窒素パージされたビームチューブを使用して完全に密閉された内部ビームパスを特徴とする市場で唯一のレーザーでもあります。 密閉されたビームパスは、過酷な環境でも光学部品に対し有害な汚染物質を排除し保護することにより、光学コーティングの寿命を大幅に延長します。 Spectra-Physicsは、Sol-Gelコーティングされたポッケルスセルのみを使用します。 このコーティングは、セルの寿命を大幅に延長し、レーザーシステムの性能を向上させます。FHG BBO結晶は、最高のエネルギー、最高のビーム品質、最高のダメージ閾値を提供します。 これらの特質により、パルスYAGのサプライヤーとして、供給するすべての光学系、機械系、および電子部品について、”切れ目ない”1年保証が提供されます。

全てのQuanta-Ray Nd:YAGレーザーに組み込まれている最新のデジタル信号処理(DSP)エレクトロニクスは、最新の制御システムを提供します。 直接デジタルインターフェイスとグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)により、システムを直感的に制御し、複雑なシステムとの統合を簡素化できます。

Quanta-Ray Proシリーズは、Spectra-Physicsが提供する最大のパルスエネルギー有するNd:YAGレーザーです。これらには、2段の増幅段を備えたLabシリーズのシングルまたはデュアルロッド発振器が組み込まれており、パルスあたり最大2.5 Jの出力エネルギーを得ることができます。 Labシリーズの発振器内複屈折補正設計は、特許を取得しており、Proシリーズは市場で入手できる他の高出力Nd:YAGレーザーよりも高い繰り返し周波数と高い平均パワーを実現するとともに、優れたビーム品質を生みためのキーテクノロジーとなっています。

アクティブビームポインティング安定のためオプションとしてBeamLok®およびD-Lok®が用意されています。 BeamLokを使用することで、PCを介して、8時間にわたって±25μrad未満の長期ポインティング安定性を実現します。 D-Lokは、フラッシュランプの経年劣化によるビームの拡散増加の問題を抑制し、フラッシュランプの寿命を延ばします。下流の光学アライメントが低減させることを保証します。 D-Lokは、Nd:YAG利得媒質の熱的不均衡も安定化させ、出力ビーム偏光の変動を排除します。その高い偏光純度により、高効率の高調波発生と安定した高調波のビーム形状が可能になります。

Applications

アンプ、OPCPAシード
テラヘルツ分光・イメージング
光干渉断層撮影
超高速分光
ポンププローブ計測
材料加工
2光子重合
薄膜計測
非線形光学系
多重CARS
表面増強HHG
   
 Pro-230-Pro-250-Pro-270-Pro-290-Pro-350-  
Repetition Rate 10 Hz 30 Hz 50 Hz 10 Hz 30 Hz 50 Hz 10 Hz 30 Hz 50 Hz 10 Hz 30 Hz 50 Hz 10 Hz  
Energy (mJ/p)2
1064 nm 1250 mJ 950 mJ 650 mJ 1500 mJ 1100 mJ 750 mJ 1750 mJ 1300 mJ 900 mJ 2000 mJ 1600 mJ 1000 mJ 2500 mJ  
532 nm 650 mJ 475 mJ 300 mJ 800 mJ 550 mJ 350 mJ 900 mJ 600 mJ 400 mJ 1000 mJ 800 mJ 500 mJ 1400 mJ  
355 nm3 375 mJ 300 mJ 140 mJ 425 mJ 325 mJ 160 mJ 475 mJ 350 mJ 225 mJ 550 mJ 375 mJ 275 mJ 750 mJ  
EEO-355 nm3 400 mJ 320 mJ 160 mJ 475 mJ 350 mJ 180 mJ 550 mJ 400 mJ 250 mJ 650 mJ 425 mJ 300 mJ 850 mJ  
266 nm 140 mJ 80 mJ 40 mJ 165 mJ 85 mJ 55 mJ 175 mJ 90 mJ 65 mJ 200 mJ 110 mJ 80 mJ 250 mJ  
   
Wavelength Pulse Width4 Short Term Energy Stability5 Long Term Power Drift6  
1064 nm 8–12 ns ±2% <3%  
532 nm 1–2 ns <1064 nm ±3% <5%  
355 nm 2–3 ns <1064 nm ±4% <6%  
266 nm 3–4 ns <1064 nm ±8% <10%  
   
Spatial Mode Profile7 Standard Fit ESM Fit8  
Near Field (1 m) >70% Contact Spectra-Physics  
Far Field (∞) >95% Contact Spectra-Physics  
Modulation9 <40% Contact Spectra-Physics  
Beam Diameter10 Pro-200 <10 mm Pro-300 <13 mm  
BeamLok Specifications Standard Pro Series With BeamLok/D-Lok  
Beam Pointing Stability11 <±50 µrad <±25 µrad  
Beam Divergence12 <0.5 mrad <2 x initial level  
Lamp Lifetimes13 30 million pulses 40 million pulses  
   
Standard <1.0 cm-1  
Injection Seeded14 <0.003 cm-1  
Timing Jitter15 <0.5 ns  
   
 Quanta-Ray Pro  
Water Service16 10 Hz – 3.8 liters/min (1.0 US gallons/min)
30 Hz and 50 Hz – 7.6 liters/min (2.0 US gallons/min)
 
Electrical Service17,19 10/30/50 Hz: <30 A/<40 A/<50 A  
Voltage18 190–260 V, single phase, 50/60 Hz  
Umbilical Length 3 m (10 ft)  
Remote Cord Length 3 m (10 ft)  
Weight Laser Head 84 kg (185 lb)
Power Supply 114 kg (250 lb)
 
Power Supply Dimensions (L x W x H) 76.99 x 64.00 x 75.74 cm
(30.3 x 25.2 x 29.8 in)
 

1. All specifications, unless otherwise stated, are for Q-switched 1064 nm operation and are subject to change without notice.
2. Harmonic energies are specified after separation using dichroic mirror pairs. It is also assumed that polarization of measured harmonic is in vertical polarization,
   making an “S” polarized reflection from dichroics. 532 nm energies are specified using Type II SHG. 355 nm energies are specified using Type II doubler.
   Using a Type I doubler in tripling process will result in a 10% increase in published 355 nm specification except for the following-models: Pro-250-10, Pro-230-10.
3. Addition of LBP option for pumping Scan Series OPOs can result in a 5% loss of 355 nm energy. EEO - high UV output option designed for OPO pumping,       
    includes injection seeder, harmonic generator, 355 nm dichroic separators, and beam dump.
4. Normal full width half maximum (FWHM) for Pro series lasers is 10-12 ns except for Pro 270-10, Pro 290-10, and Pro 350-10 versions which is 8-10 ns. 
    The optional short pulse mode reduces the 1064 nm pulse width to approximately 2.5 ns  and reduces the energy by approximately 10%.
    (Short pulse mode available on seeded versions on special request only).
5. Pulse-to-pulse stability for >99% of pulses, measured over a 1 hour period.
6. Over 8 hour period with temperature variations of <±3°C.
7. Near field spatial profiles measured <1 m from laser using commercially available beam diagnostic system. 70% refers to correlation between actual beam
    profile and least squares best fit Gaussian profile. Far field profiles are measured at focal plane of a 2 m focal length lens and measured between FWHM points.
   Specifications based on 10 Hz lasers. Fit to flat-top central 80% of beam near field.
8. Enhanced spatial mode options can be tailored to meet your application needs. To obtain >85% Gaussian fits, energy can be reduced by 50%.
    Contact Spectra-Physics to establish specifications.
9. Refers to maximum deviation from best fit Gaussian profile measured in near field (1 m) between FWHM points.
10. Actual beam diameter will vary depending on laser configuration.
11. Long term average pointing drift after warm up, over 8 hours ±-3°C. Shot-to-shot pointing stability <±25 μrad. Angle measured is polar angle.
12. Full angle measured at FWHM points.
13. IR energy within 10% of specified value.
14. Insertion losses for systems using model 6350 injection seeder are <15% at 1064 nm, 532 nm, and 266 nm.
15. RMS jitter from Q-switched sync pulse at 10 Hz. Jitter is ≤1 ns RMS when using model 6350 injection seeder at 10 Hz and ≤1.5 ns at 30 Hz.
16. Minimum pressure 40 psi. maximum pressure 60 psi.
17. Input transformer has taps at 190, 200, 210, 220, 230, 240, 250, and 260 V. Once tap is chosen, actual input voltage differing by
      more than ±10% may affect operation of laser.
18. Measured on request.
19. Max current draw of laser.

Quanta-Ray Pro Series Dimensions 

類似製品

製品 概要
Quanta-Ray Lab
高出力Nd:YAGレーザー(~1.0 J/パルス)
Quanta-Ray INDI
高出力Nd:YAGレーザー(~450 mJ/パルス)

製品をサポート

製品 概要
Cobra
エントリーレベル狭線幅ナノ秒色素レーザー
Cobra Stretch
狭線幅高エネルギーナノ秒色素レーザー
PrecisionScan
狭線幅高エネルギーナノ秒色素レーザー
basiScan
低価格, エントリーレベル ナノ秒OPO
versaScan
多目的なナノ秒パルスOPO
premiScan
プレミアム ナノ秒パルスOPO
uvScan
355 nm, 532 nm 励起OPO用周波数ダブラー
50A-PF-DIF-18
Low power thermal sensors – 140 mW to 50 W
F100A-PF-DIF-33
Medium-high power fan-cooled thermal sensors - 50 mW to 100 W